「良いサービスを受けたければ、良い客であれ」

サービスを提供する側も人間ですから

良い客にはよりよいサービスをしようと思うもの。

 

私は、個人的には

「良いサービスを提供したければ、良い客であれ」

だと思っています。

受ける側、提供する側、どちらにもなるのだから

良い客であることは、大事だと思うんですね。

 

良い客とは何か

時間を守る、支払いをきちんとする、

ありがとうを言う、などなど・・・

社会で生活するうえで、

普通のことができる人かな、と思います。

 

だから、だいたいの人が「良い客」です。

 

自分にとって「良い客」とはどんな人か、

それを、自分ができているか、

見直してみませんか?

 

過剰にならない

いつも無料でありがとうございます、と言って

お礼の品を送ったり

(それより、提供するサービスを有料で受けてよ)

やたら媚びたり称えたり

(媚びたって、おまけしないんだからな!)

お客様は神様だろ!と

無理難題を押し付けたり

(ブラックリストの仲間入りで次はないよ)

 

過剰に求めたり与えたりしなくていいのです。