ノウハウを知っているだけでは出来ない

先日中学生の息子が美術の宿題で

ボールを描くというのがありました。

 

どうやって描いたらいいんだろ~?と言うので

「あーしてこーして」と口出ししたのですが

「描いてみて~!」って言われたら

全然描けないの(笑)

 

あんなに偉そうに

影はどうやって~とか言ってたのに。

 

ビジネスも同じで

「知っている」と「出来る」って間に

結構深くて大きな溝があるように感じます

 

「知っていて」なおかつ「出来る」人って

あんまり多くないんじゃないかな?って

思うんですよね。

 

メルマガやったほうがいい!って

知っていても

メルマガ発行していない。

 

LINE@やったほうがいい!って

知っていても

実際にやっている人は少ないように。

 

 

ノウハウを知っていても

実際にやってみると

色んな事に躓きます。

 

メルマガ始めようと思ったら

メルマガスタンドどこにしよう?から

悩むかもしれません。

 

そしてやっと開設しても

今度はどうやって読者を増やす?って

悩むかもしれません。

 

でもそれって

「メルマガを発行する」ってことを

やったからでた悩みなんですよね。

 

少なくとも

「やったほうがいい」と知っているだけでは

出てこない悩みなのです。

 

1度やってみたことは

次から「出来ること」になります。

 

苦手だから誰かに助けてもらうことを

選択するかもしれません。

 

それでも「メルマガ発行する」が

知っていることから

出来る事に変わっています。

 

ノウハウを知る事も

大切な事だと思います。

 

でもそれ以上に

知ったらやってみることが

とても大切ではないかな~と思います。