督促にも作法あり

月末月初といえば

わたしの仕事は入金確認と督促です。

 

お支払が済んでいない方に

どうなってますか~?という

取り立て屋的業務です。

 

取り立てっていうのは

相手に120%落ち度があるので

高圧的になることもできます。

 

正義の鉄槌ぶちかましたる!!って

戦闘モードで行っても

相手側に非がありますから

問題が無いように思えますよね。

 

でも、あえて言います。

 

「相手は本当に悪意を持っているのだろうか?」

ということです。

 

相手が悪意を持って

困らせようとして

支払わないわけではないのです。

 

何らかの事情があるかもしれません。

(とはいえ、意識不明の重体とか、両手複雑骨折とかではない限り、連絡は出来ると思いますけどね)

 

 

どうしても、叩きのめしてやる!!!の時って

メールでも言葉尻がトゲトゲするんですよ。

 

怒りながら書いてるんだろうな??って

なんとなく文字だけでも伝わります。

 

だから一旦深呼吸して

「何か事情があるんじゃないですか?大丈夫ですか?」と

思ってメールを書いてみてください。

 

叩きのめしてやる!!!だと

ケンカになっちゃうんですけれど

 

「大丈夫ですか?」と聞くメールだと

ケンカにならずに済みます。

 

 

相手に120%非があることでも

対応をクールに

むしろ優しく行うことによって

相手の出方が変わってきます。

 

なので、まずは心の余裕をもって

督促メールをしてみてください。

 

それでも連絡してこない。支払わない輩は

ブラックリストに入れますね♡

もうあなたには何も提供しません♪と

宣言するメールを送ればいいだけです。

 

心の中で、毒吐くのは全然OK。

でもメールでそれを出すのはNG。

 

それがナマハゲのお作法です。