感動とは良い意味で期待を裏切る事から始まる

仕事で感動を届けたい。

 

そんな風に思っています。

 

事務屋ですから、

「作業」をする「だけ」という風に

考えることもできます。

 

 

事務という仕事を通じて

一体どんな感動を与えるのか。

 

その答えが

「相手の期待を良い意味で裏切る」

ということでした。

 

 

クライアントさんは

「ここまでしてくれるだろう」と

思っていると思います。

 

その「ここまで」よりも

上を目指すんです。

 

 

例えば、メールでいただいた感想を

ブログに下書きしておいて。と

頼まれたとしたら

あなたならどうやって

良い意味で期待を裏切りますか?

 

 

わたしなら、

感想をいただいたということは

セッションやお茶会をしたり

商品を販売したという事なので

お相手の方も

ブログを書いてくださっている

可能性があります。

 

Facebookでタグ付けで

感想記事へのリンクを貼ってくださると

非常にわかりやすかったりしますが

 

そうでない場合、例えば、

アメブロ内をエゴサーチします。

(エゴサーチ=名前や屋号などで検索すること)

 

そして、その方の記事を発見出来たら

リブログ記事として

感想記事をもう1つ作ります。

 

さらにリブログするだけではなく

リブログ先に飛ばなくても

内容が読めるように工夫をします。

 

 

そして

「ブログにも感想をくださってたので、リブログして感想記事にして下書きしました。ご確認ください」

と報告するだけです。

 

 

のちのち、「リブログしといて」と

言われることになるのなら

一緒にやっちゃえ!!という本音も

実はあります(笑)

 

でも、言われてやるのと

言われる前に気が付いてやるのでは

後者のほうが良くないですか??

 

 

あとは、自分がやって欲しい事は

積極的にやるようにします。

 

やって欲しい事を先回りして考えることが

予想を裏切れることが多かったので

自然とそうしてきたかな?と思います。

 

 

私自身、Wordpressの導入で

結構てこずった過去があるので

しっかりと、自分で使えるようになるまで

サポートしたいな~と思って

WordPress導入の方でご希望の方には

zoomで解説をお付けしています。

 

嬉しいと思うんですよ、自分だったら。

「はい!できたよ!」って

ただ渡されるよりも

「使い方簡単に教えるね」って

してもらった方が。

 

 

しまーずの様々はサービスは

そういった「感動」をお届けすることを

モットーとして行っています。

 

さて、あなたならどうやって

自分のお客様に感動をお届けしますか?