他人の話には興味がないのが基本

「わたし」の経験が

誰かの役に立つことって

沢山あると思うんですね。

 

気付きだったり、経験だったり。

 

でも、それを「自分の経験談」として

書いたり話したりしても

人の心に響かないものです。

 

残念ながら。

 

なぜかというと

「人は他人の話に興味がない」から。

 

でもあなたに役に立つ話

変換してあげると

めっちゃ心に響くようになるんです。

 

 

人が行動するのは

  • 自分が得する時
  • (行動しないと)損する時

この2つです。

 

この話を読むと(聴くと)

得するよ~!

この話を読まないと(聴かないと)

損しちゃうよ~!

 

・・・と思ってもらう必要があるわけです。

 

 

あなたはどんな時に

人が書いたものを読みたくなりますか?

 

FacebookなどのSNSの投稿で

ブログまで読もう!と思うのは

一体どんな投稿でしょう?

 

読んだら自分にイイコトありそう!って

思えるようなことではないでしょうか?

 

例えば、5Xのお札をお財布に入れておくと

お金がどんどん増えるという話。

 

これを体験談として

タイトル:「寂しがり屋のお金さん」

末尾5Xのお札をお財布に入れると

お金が増えると聞いたのでやってみました~!

みたいな感じで書いても

( ´_ゝ`)フーン

ってなっちゃうけれど

 

タイトル:「仲間を増やしてくれてお金が増える!●●のお札をさがせ!」

お財布に入れておくと

仲間を増やしてくれるお札の話を知っていますか?

末尾「5X」のお札をお財布に入れると

お金が自然と増えていくそうです。

早速私もやってみました。

 

どっちも「自分がやってる」事なんだけれど

下の例の方が心に響きませんか?

 

ほんのちょっとの視点の入れ替えです。

 

「自分のこと」を伝えるんじゃなくて

「あなた」に伝える為に書く。

 

それが、体験を価値ある投稿に変えるコツです。