人の役に立つという視点を持ってみる

好きな事を仕事にするというと

どうしてもまず最初に

「自分」が出てくると思うんですね。

 

自分の好きなこと。

それじゃなきゃ続かないのも

私自身よくわかっているのですけれど

 

「自分が」やりたいから

「自分が」稼ぎたいから

「自分が」好きだから

 

という「自分が」という視点だけでは

お仕事として成立しないように思います。

 

 

仕事とは「人の役に立つ尊いこと」と

先日読んだ本に書いてありました。

日本一の大投資家から教わった人生でもっとも大切なこと

 

自分の好きなことで

どうやって役に立つのか。

どんな人に役に立つのか。

 

好きな事を仕事にしたいとき

そこを一度掘り下げてみると

いいと思います。

 

それは自分のビジョンや理念になります。

 

当たるって言われたから

カード引きま~す!

やりたくなったから

ヒーリングしま~す!

って感じだった過去のわたしは

「仕事」としては成り立ちませんでした。

 

 

あなたは、

どんな人の役に立ちますか?