ダイソンに学ぶ、キャッチフレーズの作りかた

ダイソンの掃除機といえば

どんな事が浮かびますか??

 

わたしは真っ先に「吸引力」が

思い浮かびました。

 

 

ダイソンの掃除機のキャッチコピーは

「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」

 

 

吸引力押しですね。

 

それがまんまと頭に残っています。

 

でも実際にダイソンの掃除に

吸引力があるのか、

他社と比べてどうなのかとか

全く知りません。

 

ダイソンもキャッチフレーズの中で

そんなこと一言も言ってません。

 

でも刷り込みで

「吸引力=ダイソン」って

消費者は思っています。

 

 

もちろん、裏付けするだけの

理由がそこにはあって

カタログを見れば

1秒間にどのくらい吸い込むとか

書かれているんでしょうけれど

 

その詳細がどうだとかって

購入する時にあまり見ないですよね。

 

もうイメージで

ダイソン=超吸い込む!!!って出来てるから。

 

 

「セコムしてますか?」というのも

とってもわかりやすいですよね。

 

 

お仕事の告知文などの

キャッチフレーズでも同じです。

 

詳細よりも、端的に。

 

でも「セコムしてますか?」のような

サービス名を入れてもOKなのは

それが知れ渡っているからです。

 

個人のお仕事の場合

サービス名をいれるのがむずかしくて

 

どちらかというと

「ダイソン方式」のほうがいいんじゃないかな?と思います。

 

そしてそのキャッチフレーズをつくるときには

 

サービスを受ける(商品を買う)

 ↓

「●●になる」

 ↓

だから、◎◎が実現する

 

このだから◎◎のところを

キャッチフレーズにすると良いです。

 

 

例えば、しまーずの事務を受けたとしましょう。

 

「しまーずに事務管理を依頼する」

 ↓

1事務仕事から解放される

 ↓

2やりたいことに集中できる

 時間が増える

(これでもまだ弱いので)

 ↓

3「ママ見て!」と言われた時に、笑顔で見る心の余裕が持てる

 絵本をいつもより1冊多く読んであげられる

 塾に持っていくおにぎりをコンビニから手作りにする余裕が出来る

 

・・・こんな具合で

より具体的に落とし込んで考えていきます。

 

告知文をつくる

キャッチフレーズをつくるとき

1もしくは2の段階で止まっている人が

とても多いように感じます。

 

3まで落とし込んで考えてみると

よりキャッチーなものが出来上がると思います。

 

 

 

「こどもと触れ合う時間を増やす」

フリーランス女性のお仕事サポート

しまーずの事務管理は

1か月15,000円から

事務(だけじゃない事務)管理お問い合わせフォーム