やったほうがいい事はやりたくないこと?

コンサル受けたり

色々な情報を取り入れたりすると

「やったほうがいいんだけれど、でも・・・」って

なる時ありませんか?

 

「やったほうがいいってわかっているんだけれどね~」というやつです。

 

そのあとには大概

「めんどくさい」

「やりたくない」

「よくわからないから」

といった、否定的な言葉が続くと思います。

 

やらない理由ですね。

 

で、やらなかったりするわけですが。

 

それってもったいないな~って思うんですね。

「やったほうがいいけれど、後回し」というのは

生活の中でも、いろいろ出てきます。

 

こどもが宿題を後回しにしているのもそうだし

食器洗うのは後回し・・・なんかもそうです。

 

日常的によくある光景なのですが

「やったほうがいいのはわかっているけれど」の前に

必ず「やろうかな?」っていう

心の動きがあると思うですよね。

 

「やろうかな」は

すごくわかりにくい

「やりたい」じゃないかと思いません?

 

だから「やったほうがいいのはわかっている」

という事柄が目の前にある時には

「もしかしたら、やりたいって思っているのかも?」と

自分を一度疑ってみてくださいね。

 

どんな答えがでてくるでしょう。