自分の考えに固執しない

先日面白い話を聞きました。

 

ブログのタイトルが

「刺身の下の大根」という、

カウンセラーさんから

デザイン関係のご依頼があったそうです。

※タイトルはくどぴーが改変しています。

 

そしてお刺身の画像が送られてきたと。

 

コンセプトは

「虐げられている人も持ち味を出せば輝ける」

 

そして、デザインに刺身写真を使って欲しいと。

 

 

・・・ごめんなさい。クッソ笑いましたw

 

 

これは極端な例ですが

自分の考えが何だか素敵に思えて

それに固執しちゃう時ってあります。

 

第三者目線で見てみると

「刺身の下の大根」写真があるのが

それがカウンセラーさんの

ブログなりホームページだと

一目見て理解することは難しいと

理解していただけるかな?と思います。

 

でも主観が強くなると

「刺身のツマという脇役じゃなく、大根サラダで主役に!」

「なんて秀逸な例え!」

・・・と自分の考えに固執しちゃうんですよね。

 

発信をするときに

もちろん自分の主観って大切です。

 

それと同時に、

ネットを通じてお仕事をする

発信していくという時に

自分の書くものを読む人が

「どういう単語で」心を惹かれるか。

 

そこにも目線を向ける必要があると思うんです。

 

心理カウンセラーさんをネットで探す時

「刺身」というキーワードで

検索したりしないですよね?

 

だけれど自分の考えに固執すると

そのことさえ、気が付きません。

 

だからどこかで

クールに第三者的に眺める自分

もしくは

第三者的意見を言える人の存在が

暴走を食い止めることになると思います。

 

クールに眺めて、ダメ出し出来る自分を持つ。

 

それがお客様目線を忘れないようにするのに

大切な事じゃないかな?と思います。