「伝えるチカラ」の磨き方はスバリ、

練習あるのみ、です。

それも、公に出すことを前提とした

練習あるのみ、です。

 

伝える手段はさまざま

ひとくちに「伝える」といっても

いろいろな手段があります。

例えば、メルマガやブログなどの「文字」

プレゼンなどの「話す」

絵を「描く」、写真を「撮る」など。

みなさんもそれぞれ、

自分なりの「伝える」手段を持っていると思います。

 

最初はとにかく「量」をこなす

最初はとにかく「量」をこなすことです。

頭で「知っている」のと、実際に「やる」のでは

雲泥の差があります。

知ってても、やってみるとできないもんです。

 

もう2年くらい前になりますが、

ブログとメルマガの両方を

毎日書いていたことがありました。

内容は別で、毎日違うネタを3か月くらい書き続けて

やっと「書く」ことに慣れたんです。

 

技術は、慣れてから学んでもいい

書くことになれたあと

このまま、ただ書いていてもダメだな、

技術が必要だな、と思うようになって

テクニックを学ぶようになりました。

 

まだ決して上手ではないけれど

どうやったら伝わるのかを

意識しながら書いています。

 

手段と目的を間違えない

書くという練習に終わりはありません。

でも、本番のない練習は

「練習すること」が目的になるのですよ。

 

だから、公にすること=本番を前提とした

練習が必要になるんです。

 

伝えたいから、練習するんですよね。

それを間違えないようにしたいものです。

 

例えば、ブログは毎日書いた方がいいけど

それは、自分を知ってもらうため

自分の仕事を知ってもらうため、ですよね。

 

それが「ブログを書くこと」が目的になったら

お客様に何も伝わらなくなります。

 

「伝えるチカラ」を、磨きましょう!

 

 

◆しまーずメルマガ「しまーず通信」

メルマガご登録はこちら

 

◆しまーずへのお問い合わせ

事務(だけじゃない事務)管理お問い合わせフォーム