なんでも屋さんより専門家を目指そう!

あれもできます!

これも出来ます!

 

色々出来るから一つに絞れない!

という話も聞きます。

 

なんでも出来る人ってすごいですよね。

 

その知識や技術の引き出しの多さは

とてもすごい事だと思います。

 

マルチな才能をお持ちなんだな~と

個人としては思いますが

お客様目線で見るとどうでしょう?

 

なんでも出来る人って

何を頼んだらいいのかが

お客様サイドからだとわかりません。

 

また、情報発信という点で考えると

誰に向けて

何を発信していくのかと

いうのがブレます。

 

自分はこういう人に

こういう事で役に立ちたい!

という定義の

 

「こういう人」が

何種類にもなっちゃいます。

 

 

まずは一度捨てる

一つに絞ってみる

 

そして、一つに絞ったそれで

セルフブランディングが

確立したな~と思った時に

 

以前捨てたものを

まだやりたい!と思うなら

足してみる。

 

そんな感じで

ぜーんぶ広げるよりも

まずは「●●に詳しい人」という

専門家色を高めてみるのが

いいと思います。