何をするかではなく、どうなって欲しいか

(この記事は2018年1月にメルマガで配信した記事を加筆修正したものです)

イベントを企画したり

セッションの募集をしたりと

お仕事していると色々ありますよね。

 

その時にたいていの人は

「何を提供できるか」までしか考えていません。

 

メルマガやブログもそうです。

仕事の為に書いているのか

読む人(お客様)にどうなって欲しいのかを

考えながら書くのか。

 

書くのだり~!っていう状態から

何を伝えよう!っていう風に

考え方が変わるので

「どうなって欲しいのか」

「何を受け取って欲しいのか」を

考えながら書くといいですよ。

 

何かやろう!と思った時、

当然やれることから

何が楽しいだろう??って選びます。

 

ここは完全自分のスキルから考えます。

 

この段階で出すのが

悪いっていうわけじゃないですよ。

「何を出来るか」だけで考えても

自分の認知を広げるとか

受けた人に楽しみを届けたりできますからね。

 

お客様にどうなって欲しいか

例えば無料のオラクルカード1枚引きとか

無料ヒーリングをしたとしましょう。

何が出来るかという

自分の手持ちのスキルの中から選ぶのが

第一段階です。

 

「お客様にどうなって欲しいのか」

これを考えるのが第二段階です。

 

無料でカード引いて、

お客様にどうなって欲しいんでしょう?

無料でヒーリングして

お客様にどうなって欲しいんでしょう?

 

売れない占い師だった頃

わたしは全くこの部分を考えていませんでした。

だから売れなかったんだなって思います。

 

自分のやりたいときに

やりたいことをやっているだけでは

お客様に何らメリットがないわけですよ。

 

「どうなってほしいか」というのは

・お客様のメリット

・お客様の成長

に、つながるんじゃないかなと思います。

 

カードを引いて

今ある迷いがスッキリするといいな

スッキリするとどうなるだろう??

前向きになれる

お客様が前向きに、毎日過ごせるようになるというのを

「どうなって欲しいか」に決めます。

 

そうすると必然と告知文も

オラクルカード1枚引きします!先着●名様!

毎日が前向きになれるメッセージをカードを引いてお伝えします

のように変わりますよね?

 

さて、どちらのほうが魅力的でしょう??

自分だったら、どちらをポチりたくなりますか?