認知を広げた人がうまくいく人

しまーずがお仕事パートナーにするのは

ママ起業しているかた

プチ起業しているかた

そういった方が多いです。

 

内容的にはさほど変わらなくても

売れ方に歴然の差があったりします。

 

技術力の差だと思いますか?

資格のあるなしだと思いますか?

 

実際に月に7ケタ稼ぐ人の事務も

1カ月で100人セッションする人の事務も

体験したことがあります。

 

そこまでいかなくても

コンスタントに

月に10万くらい売れる人の事務も

体験しています。

 

その人たちが

特別すばらしいブログを書いているとか

特別素晴らしい人格者だとか

すごい技術力を持っているとか

・・・ってことは無いんですよ。

 

ゆるっと数日に1回ブログ書いてたり

再アップ記事の使いまわしだったり

ビジネスコンサル的視線だと

ヲイヲイヲイって言われちゃうような

ブログだったりすることもあります。

 

でも売れっ子。

 

なんで??って思いますよね。

 

 

それは、この人から受けたい!と

思われるように認知を広げているからです。

 

 

ありえん!!っていうブログを書いてても

めっちゃリアルに強いとか

(ほとんどブログ外から集客してたり)

会いたい!って思われるような

積み重ねをしていたり。

 

この人なら任せられる!っていう

信頼関係が構築されていたり。

 

結局のところ

リアル人脈を持っている人が強いし

リアル人脈を持っていなくても

ネット上で

広く認知を広げている人のほうが

強いよなぁって思います。

 

けれど、認知って一日や一か月で

すぐに広がるものじゃありません。

 

月収7ケタだった人は

以前は別のお仕事をされていて

そのころは売れなくて~と

おっしゃっていました。

 

とある方のコンサルを受けて

方向転換をして

今のお仕事にたどり着いたのですが

その前に何年も

認知の種まきをしていました。

 

実際に何をしていたかというと

「好きな人(憧れの人)」の

お茶会に出まくっていたんです。

 

その方のお茶会の主催をしたり

自分のお茶会やランチ会をしたり

Facebookのコメントや

ブログのコメントで

コミュニケーションをして

徐々に徐々に

認知を広げていったように思います。

 

始めたから即うまくいく。

 

そういう人もいるかもしれません。

 

でも、地道に積み上げて

諦めずに続けていった人が

最後には「あの人すごい」になるのではと

その方から学ばせていただきました。

続けていくことを諦めないこと

「今」売れていなくても

めげずに続けて、

認知を広げていけば

きっと「うまくいく」

 

わたしはそう思います。