そもそも、どうしてビジネス、個人のお仕事を始めたのか。

みなさんは覚えていますか?

 

こうなりたい!という未来像があったと思います。

 

そのために、いろいろやってみたものの

思った通りにいかなくて

そのうち目的と手段が入れ替わったり

なんでこんなことしてるんだ、と思ったり

 

ま、私のことなんですけど(苦笑)

 

どうしてビジネスをやろうと思ったのか、

もう一度思い出してみませんか?

 

もしかしたらそれはもう、叶っているかもしれない。

じゃあ、もうビジネスはやめますか?

次のビジョンに向かって続けますか?

 

今年の冬は、ピョンチャンオリンピックがありました。

選手にとっては、競技と人生が深く結びついています。

 

ビジネスも、人生と深く結びついているのではないでしょうか。

 

ビジョンが決まるということは

生き方が決まるということ。

 

そしてそれは、自分で決めるしかないのです。

 

スピードスケート500mで金メダルをとった

小平奈緒選手が、会見で話していたこと。

 

自分が自信を持っているのは

自分の生き方は自分で決める

自分が選択するという部分に対しては

本当に曲げずに歩んで来られたので

覚悟をもって

自分の進みたい道に行くという意味では

すごく自信を持っています。

 

自分の生き方を自分で決めることに

自信を持っている。

そんな生き方をしていきたいものです。